目の下のたるみは不規則な生活習慣から|きちんと改善しよう

若い人も要注意です

目元

老化現象のひとつ

目の下のたるみは、中年世代の悩みかと思っていたら、そうではありません。確かに年齢とともに気になる部分ではあります。しかし若い人も、眼の下のたるみで悩んでいる人が増えています。そもそも目の下のたるみは、どうして起きるのでしょうか。目の下の筋肉が衰えることによって、垂れさがることが原因です。肌のヒアルロン酸やコラーゲンが減少することによっても、目の下のたるみが生じます。これらは、主に加齢によって起きる現象です。そのほかにも、眼の下の脂肪が飛び出しくることによって、たるみを生じる場合もあります。この脂肪が飛び出すと、逆に目の下に影ができ黒いクマのように見えてしまいます。これでは余計に老け顔になってしまいます。

老化だけが原因ではない

このように筋肉の衰えや、ヒアルロン酸やコラーゲンの減少が目の下のたるみの原因になります。しかし筋肉の衰えは、若い人にもあります。顔にはたくさんの筋肉がありますが、使わなければやがて衰えていきます。表情筋と呼ばれるものなど、顔を動かすことにより使われます。しかし目の周りの筋肉は、主にまばたきによって動かします。実は、スマートフォンやパソコンなどのモニターなどを見ている時は、まばたきが少なくなってしまいます。ついつい長時間スマホをいじってしまう人は、要注意です。まばたきの減少で筋肉が衰え、眼の下がたるむ若い人が増えています。これを予防するには、顔筋トレーニングやマッサージをすると良いでしょう。しかし一度ついてしまった、たるみを解消するのはセルフケアでは難しいでしょう。美容外科ではメスを使わずに、目の下のたるみを解消する施術もあります。